0コメント

笑ゥせぇるすまんでのトラウマ回

コロナウイルスが猖獗している最中、皆様は如何お過ごしでしょうか。
私は普段と変わらず(?)自室に籠りっきりでアニメやら実況、ブログなどを執筆しています。

笑ゥせぇるすまん でのトラウマになるほどの怖い話があるので、それを今回は紹介していきます。

  




トラウマ回


まず笑ゥせぇるすまんとは

『私の名は喪黒福造。
人よんで笑ゥせぇるすまん。ただのセールスマンではございません。
私の取り扱う品物はココロ。人間のココロでございます。

この世は老いも若きも男も女も、心の寂しい人ばかりそんな皆さんのココロのスキマをお埋め致します~。
いえいえ、お金は1銭もいただきません。お客様が満足されたら、それが何よりの報酬でございます。
さて、本日のお客様は・・・』

で始まる1話完結のブラックジョークが炸裂するアニメです。
人々の悩み、不安そして怒りなどありとあらゆる欲望や願望を一旦はかなえてくれます。
そして再び会う羽目になるのですが、そこでは条件が与えられます。
その条件は一見すると遵守できそうな内容ばかりなのですが
(カジノのルーレットのシーンでは0番に全額賭けるしかありません。どーーん!!)
己の信念やプライド…etc…によって遵守できません。

するとどこからともなくやってくる喪黒さんに
あなた、約束を破りましたね。
と言われそしてほとんどの場合バッドエンドに終わるのです。

今回はそのバッドエンドの中から特にこの仕打ちはひどい
死力を尽くして豪末の限りなしという感じで仕打ちがひどいものを紹介していきます。

プラットホームの女


9話の話題である「プラットホームの女」は
毎朝駅で会う大きなマスクをした女性に一目惚れをしてしまう直木純一という銀行員の話です。
直木は毎朝彼女を見つけては近くに行き、今か今かと話しかける機会を窺っていましたが、なかなか話しかけることもできません。
そんな中、満員電車の中で偶然、喪黒の足を踏んでしまったことで話すようになります。
彼女に対する直木の気持ちを喪黒に見透かされ、一旦は焦るものの仲を取り持ってくれるという喪黒に半信半疑ではありましたが信じてみることにしました。
仲を取り持ってくれていることを期待した直木は彼女に話しかけますが、冷たい態度を取られてしまいます。
しびれを切らした直木は喪黒に問いかけます。
すると喪黒は女性の素性を調べていました。聞けば
「照れ屋であり実は直木さんに好意を持っている。今晩直に直木さんの家に来る」と告げます。
しかし条件として彼女はあまり幸せな身分ではないので、彼女の容姿が美しいから、ただ興味本位で会うというのなら、おススメはしませんと忠告します。直木はそんなことはないと自分に言い聞かせながら彼女に会うこととします。
ソワソワしながら待っていた直木のもとにマスクを付けた彼女が現れ、彼女は直木の気持ちを確かめると服を脱ぎ始めます。
マスクを外した彼女は、それはそれは容姿端麗な美女の姿にうっとりと見惚れてしまう男に対し彼女は
「しかしこの顔は整形で失敗した顔なんですよ」
と言うのでした。
彼女の顔は仮面でできており、会話の途中で仮面が割れて中の本当の顔面が現れてきました。

トラウマ2.png

喪黒は「見方によって女性はすべて美人に見えるものです。あれくらいの欠点は愛情で補えるでしょう。」と締めくくります。


男と女の情がおかしな方向に向かってしまった結果、こういうことになってしまったのではないか。


結婚したい女


15話として放映されたこの話は、少々時代を先取した傑作ともいうべき作品です。
おまけに少々長いです。ご了承ください。

OLの妻成耐子は、25歳になってもまだ独身であったが、現代女性の結婚の条件である
「Koshincho 高身長」「Kogakureki 高学歴」「Koshunyu 高収入」といった3Kの男性と結ばれたいと思っていました。
ある日、その3Kに当たらない男性からプロポーズされて断りましたが、逆上され、逃げ回っていた所を喪黒に助けられます。
3Kの男性と結婚したい耐子に喪黒は南の島・マリン島での集団見合いツアー「マリンDEデート」を紹介するというところから物語は始まります。
「マリンDEデート」当日。
沢山の女性や男性が集まる中に、耐子の姿があった。
全員で食事中、「モテナイ ダメオ」などといった男性達が自己紹介するが
耐子は「論外」「息してんじゃねーよ」と皮肉る。
だが、その後で出てきた「セイノ タカオ」に、耐子は目を付けた。
条件にあった「3Kの男性」だったからだ。
食事が終わり全員はビーチバレーゲームに出る為、水着に着替える事に。


だが、「強力下剤クダリッパナシ」を手に持った喪黒がいた事に、誰も気が付かなかった。


着替え中、女性たちはタカオの事を話していた。
耐子は「アンタらみたいなおブスに渡すもんですか」と彼女たちを皮肉り、海岸へ行く。


だが、カッターナイフを手に持った喪黒がいた事に、やはり誰も気が付かなかった。


海岸にてビーチバレーゲームが始まるが、女性たちに異変が起きた。
何と、耐子以外の全員の水着が一斉に千切れ出したのだ。
大事な部分が丸見えになってしまった者も現れ、女性たちは一斉に逃げ出してしまった。
すると、タカオ以外の男性たちも突然腹痛を起こし、トイレに向けて走り出してしまった。

こうして海岸には、耐子とタカオの二人だけが残された。
耐子とタカオは二人きりで話しだし、喪黒はその様子をじっと見つめていた。

最後に告白タイムが行われ、タカオを含めた4人の男性が耐子に花を差し出す。

「ザコには用は無いわ…」

そう心の中で皮肉りつつ、タカオの持っていた花を手にする。
他の3名は悔しさから走り去り、悔しがる女性たちの目の前で、耐子とタカオはロマンスを繰り広げるのだった。
二人で夕日を眺め、タカオは耐子に自分と結婚してくれないかと頼む。
耐子は躊躇いつつもそれを受け入れ、二人は抱き合った。

「愛してるよ…」
「私も…」

喪黒はその様子を見つめながら、ボートに乗って日本へ帰っていく。

「私は一足先に帰ります。お幸せに♪ホーッホッホッホッホッホッホ…」


岸壁の下で、耐子とタカオは二人だけの結婚式を挙げた。

「僕は幸せだよ…」
「私もよ…まるで夢みたい…」

二人は身を寄せ合い、互いの身体を捧げたのだった…。



だがその様子を、ある3人組がカメラに撮っていた事に、耐子は気が付かなかった。


BAR魔の巣。
ポータブルビデオプレーヤーを見ていた喪黒の元へ、帰国した耐子がお土産のパイナップルの籠を持ってやって来た。
彼女の左中指には指輪がはめられていた。
話によると、タカオは今ロスへ行っており、帰国したら日取りを決める事になってるというのだ。

…すると耐子は、喪黒がポータブルビデオプレーヤーを見ているのに気づく。
何でも「最近裏の世界で大人気のビデオ」が手に入ったとの事で、気になった耐子がそれを見せてもらうと…


マリン島の初夜

…とタイトルが映し出され、耐子がそれを見ていると…



「あら…?こ、これ…」


「な、何なの!?」


ああーーー!


イヤーーーーッ!!!

ああぁーーーーっ!!


やめてえぇぇーーっっ!!!

ああっ、イヤァァァーーーーッ!!torauma3.jpg

…そう叫んで店を飛び出していった。
ビデオに映っていたのは、あの日の晩に耐子がタカオに×××されていた様子だった。
そう、この「マリンDEデート」という企画自体がやらせであり、タカオは裏ビデオを撮る事が目的だったのだ。

「ホッホッホッホ、3Kに目が眩んでとんだ食わせ物を掴んでしまったようですなあ」


「今や女が男を選ぶ時代です。しかし、女性もほどほどにしないと…『KIZU 傷』『KEGA 怪我』『KUYAMI 悔やみ』の3Kになる事にもなりかねませんのでご注意を、あなた…。ホーッホッホッホ」
すべてがやらせで裏ビデオを撮るためだけにした男のしたことはあんまり褒められたものではないにしても妻成の高飛車な行動にも問題と思います。

昨今でもこういうことはたびたび発生していて某TV局アナウンサー流出事件とかも発生する要因が若しかしたらこういうことが起因となって引き起っているのかもしれません。



老顔若体


老顔若体はエピソード53の話題であり
出雲若志は周囲の人間からどう見ても50代にしか見えないともてはやされるのですが
出雲は人知れず肉体の衰えに悩んでいました。
喪黒に悩みを見抜かれた出雲は初めは話を聞きませんでしたが、老化の一途をたどる自分の身体に対し絶望を感じ
藁にもすがるような思いで喪黒の勧めるトレーニングをしていくこととなりました。
実際、トレーニングをしていくと昔のような強靭な逞しい肉体が戻ってきました。
喪黒は「ほどほどにしないと大変なことになる。絶対に若い女の子と恋をしてはいけない。」と忠告しましたが
当然。昔のような身体を手に入れ意気揚々としていた出雲はクラブのホステスの女の子に手を出してしまうのです。
シャワーを浴びていると、彼の髪の毛は無残にも抜け落ち、女性がシャワールームの扉を開けるとそこにはムキムキな身体に皴皺の顔。
髪と歯が抜け落ちた妖怪のような姿をした出雲がいたのでした。

38E3DC2E-7F3D-4BB6-9457-EF8A5AD8BB1F.jpeg

喪黒は
「肉体が若返った分、顔にシワ寄せが……いやいや、顔が皺皺になるとは、怖いですねぇ」

 

ここで終わりなのですが、
森の生活、たのもしい顔、五月病、看板ガールなどここでは紹介しきれなかった話もありますので良ければ見てみてください。


"笑ゥせぇるすまんでのトラウマ回" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。