0コメント

高野山に行ってみた

行ってきました。
実はこれでもう5回目の訪問。
  • 1回目は祖父とともに
  • 2回目は林間学校のちきに
  • 3回目は母と共に
  • 4回目は3年前自分1人で
  • 5回目は今回の訪問

IMG_4595.JPG
大師教会総本部
中にはいろは歌もあります。

IMG_4597.JPG
高野山常喜院 地蔵尊


IMG_4600.JPGIMG_4602.JPGIMG_4601.JPG
金剛峯寺
ここは、秀次が自刃した“柳の間”があります。

IMG_4603.JPG
屋根の上には天水桶という雨水を溜めておき、火災が発生したときに、火の粉が飛んで屋根が燃えあがらないように桶の水をまいて湿らし、少しでも類焼を食い止める役割を果たしたものがります。

IMG_4604.JPG
金剛峯寺 鐘楼

IMG_4605.JPG
この鐘楼は、金剛峯寺の前身である青厳寺の鐘楼である。その構造形式から万延元年(1860)に山上の大火で類焼後、大主殿などの建物と共に本鐘楼も元治元年(1864)に再建されたものと考えられ、桁行3間…と書いております。




IMG_4608.JPGIMG_4606.JPG
東塔




IMG_4612.JPG
白川法皇の御願により大治二年(1127)に落慶した。中尊は専勝仏頂で脇仏は不動と降三世両明王である…云々。


IMG_4611.JPG
三昧堂

IMG_4613.JPG
IMG_4614.JPG
大会堂
大食堂と一瞬見えてしまった。

IMG_4616.JPGIMG_4615.JPG
不動明堂

IMG_4617.JPG

IMG_4619.JPG
愛染堂

IMG_4618.JPG
後醍醐天皇の御願により、建武元年(1334)に建設された。本尊の愛染明王は天に向かって矢を射る姿から天弓愛染明王と呼ばれる。
恋のキューピット役というわけだな。



IMG_4620.JPG

IMG_4622.JPGIMG_4621.JPG
根本大塔


IMG_4624.JPGIMG_4623.JPG

壇上伽藍





IMG_4625.JPGIMG_4626.JPG
大塔の鐘
なおも1日に5回もの鐘の音を響かせているようだ。


IMG_4628.JPGIMG_4630.JPGIMG_4629.JPG
金堂

IMG_4632.JPG
准胝堂
IMG_4617.JPG
IMG_4633.JPG
後鳥羽法皇の御願により正治二年(1200)に落慶し、仏師快慶作孔雀明王を安置した。…
IMG_4636.JPG
IMG_4638.JPGIMG_4637.JPG
西塔
IMG_4639.JPG
金剛界大日なども祀っているんだとか。
IMG_4640.JPG
西塔正面
IMG_4641.JPG
IMG_4642.JPG
IMG_4643.JPG
IMG_4644.JPG
御社(みやしろ)
IMG_4645.JPGIMG_4646.JPG
御社(みやしろ)と山王院
たぶん、̠三十六歌仙の絵馬らしきものが…

IMG_4647.JPG
六角経堂
なんと、右回りに回るらしい!
IMG_4648.JPG



IMG_4654.JPGIMG_4651.JPGIMG_4653.JPG


そんでもって、中門

IMG_4662.JPG
IMG_4661.JPGIMG_4660.JPG
聯の意味とは・・・?
日々の影向(ようこう)を闕(か)かさずして
処々(ところどころ)の”ゆいせき”(遺跡)を検知(けんち)す
という意味らしく

「影向(ようごう)」とは「神仏が仮の姿をして現れる」、闕は「欠かさず」を意味し、遺跡は”いせき”と読まずに”ゆいせき”と読み、これは「過去の人物が残した財産、所領、地位」を示します。

これらを合わせると、『日々、神仏が姿を現して、縁のあった場所を巡りながら人々を助けている』という解釈になります。

しかし、これでは何を意味するのかが分かりませんが、高野山で第一にお祀りする神仏と言えば、やはり弘法大師・空海その人です。

すなわち、『日々、お大師さまが奥の院(御廟)から姿を現して、縁のあった場所を巡りながら人々を助けている』という解釈になります。


IMG_4656.JPG

そしてこれが大門


IMG_4666.JPGIMG_4667.JPG
仙台 伊達家之場所

伊達政宗・・・?


IMG_4669.JPG
豊臣家次もここに眠ってるのだろうか・・・?


IMG_4670.JPGIMG_4671.JPGIMG_4672.JPGIMG_4673.JPG


女人堂
かつては、高野山は女人禁制の都市であり、ここ女人堂から先には入れなかったという。


いかがでしょうか。
高野山と言えば町全体が宗教都市というイメージがありますが、行ってみると撮影はしていないのですが寿司屋さんの店員さんが優しくしてくれたりとなかなか満喫できたように思えます。
皆様もぜひ行ってみてください!

この記事へのコメント