0コメント

血液検査を受けてみた結果

先日、急に腹痛に遭いまして内科の検診を受けてみることにしました。
レントゲン検査の結果も特に異常は見られなかったし、尿検査もするように言われたんだが、家を出発するときにもう排泄済みなのでもう出ないし。
そして最後に行きついたのは血液検査をしてみましょう。ということだった。

OZP73_kensakekkawosetumeisuru20140321_TP_V.jpg

実はアルコールを行く前に少し飲んでほろ酔いだったのです。

BA66DF08-BAC6-4A2E-B485-4AFCB49ADAEB.jpeg
D706A161-E250-487A-B40E-C6E15A65865F.jpeg
650B24DC-9999-48C3-917D-A9B778431122.jpeg




すると、ポテチもつまんでから行ったのに血糖値が99とは驚きました。

血糖値を測ることは、インスリンの働きの強さを見るのによく使われるものであり、インスリンは血糖を脂肪、筋肉や細胞に届ける働きがあり、血糖値を上げる働きのあるホルモンや脂肪を分解するホルモンの働きを弱めることが別名肥満ホルモンと呼ばれる所以である。
もちろん、一概には言えず太る原因はこれだけじゃないですし、ストレスの関係も否定はできないし、性ホルモンなども関わっているとされているので、バランスが大事というわけですね。




中性脂肪の基準値35~149ところ、38と程々といった感じです。
まぁ最近腹が出てきてこの数値ならもっと細かったときはどれほどなものなんか・・・

中性脂肪
言わずもがな忌避したり厭うということをしたり或は嫌悪したりする人もいる。
中性脂肪は、所謂、食事によってエネルギーを取り出しますが、その時に使いきれなかった分が貯蔵するのに効率の良い脂肪という形に変わる。そうしてできたものが脂肪であるから肥満な人は身体にエネルギーが充満しているともいえるのです。

「貯金はないがエネルギー貯金はしとるで~ なんつって」
img_4.jpg



HDLの基準値が40~74のところ私は87と高く、LDLの基準値が70~139のところ44と
これが唯一の基準値より低い値となった。

これらは、コレステロールはまず、身体にとってはなくてはならない必要不可欠な物質。ま、身体の中にあるものは必要不可欠な物質しかないといってもいいかもしれない。
コレステロールが細胞膜に入ると細胞膜特有のしなやかさを作り出す物質。
血液中ではリポタンパク質と胆汁酸とで作られるキロミクロンという物質で輸送されるのだが、この時肝臓から末端へと運び出すのがLDL、逆に末端から肝臓に運び出すのがHDLですね。

バランスが悪い。
というかコレステロールを末端に運び出すのが低値でコレステロールを末端から運搬するのが高いって…

なんかうつ病との関係も指南されてるし…
うつとコレステロール


CP
クレアチンキナーゼ
筋肉の収縮する際のエネルギーに関与している。

私はこれの基準値が36~188のところ、371と高い数値を出してしまった。
これはおそらく、ジストニアを発病しているからであろう。
筋肉が常に力が入ってしまうため、高い数値を出したと思われる。


この記事へのコメント