0コメント

カオスヘッドでトラウマになるシーンと初のバッドエンド

現在、6章Noah まで進んでいて次は7章psychopath というわけで、岸本あやせの自殺未遂(拓巳が救ったといえる)があり、原因不明の頭痛が拓巳の身に起き、震度5の渋谷大地震が発生。
七海の様子が気になり電話をかけるも……

そして次の場面では七海の救う代わりにディソードを見つけて手にしろと将軍に言われるが……

今回は少しえぐいシーンもあるため、閲覧には注意です。

5.PNG

七海のことが気になり電話をかけようとするも…
一向に出ない。
よく聞けば携帯からの受信アナウンスが鳴り響き、もしやと思いなっている方向に向くと…

6.PNG










8.PNG

9.PNG
そのポーターとやらが幻覚を見せてくるんだな。


9.1.PNG
そして一歩も動かないでディソードを取りに行くよう言われ、困惑する拓巳
妄想でもこれは無理っぽい。

9.2.PNG9.3.PNG
間違えた選択肢を選ぶと、後ろから何者かに押されて転落死。

10.PNG

7章への導入場面
ディソードを発見するも取る方法がわからず、もう七海は死んでいると思い込んでディソードを諦めてしまう。
腕が落とされた七海の恨めしそうな場面で終わってしまう。

この記事へのコメント