0コメント

超絶ホラーな映画HOSTEL ホステルを観たので感想 ※追記あり

キャプチャ.PNG

2005年に制作されたこの「ホステル」ですが
これは昔から知っていました。
というのは、中学生の時によくTSUTAYAとかゲオに行ったのだが、決まって確認するコーナーはこの「ホステル」などが臨在する、ホラーコーナーである。
その中でも特に記憶に残っている映画がこの「ホステル」です。

物語は3人の男子大学生たち(パクストン、ジョッシュ、オリー)はヨーロッパを旅していた。ところが止まるはずであったホテルにに行こうとすると、門限を過ぎたとかいうので、入れてくれなくてですね。
そんな時、アレックスというもう1人の人物(この彼こそがのちに重要となる)に出会い何とか難を逃れた3人は、一息つく。

アレックスは「スロバキアのプラチスラヴァの郊外にある田舎町に、いい女を抱けるいいホステルがあるからそこを紹介するよ」
と言い、早速行ってみた3人は途中以下の写真の男に出会う。これがのちの…
ホステスについた一行はホステス側から「この部屋は相部屋となります」と告げられ、ある部屋の番号を告げられる。



3.PNG


この番号こそがナターリアとスヴェトラーニャの2人の女性だった(これものちの…)。

そして、気分が悪くなったジョッシュはヴォーㇻに介抱されベッドに横になるが、そこに現れたのは…

2.PNG


ベッドに横に寝かせやってきたのは、おそらく奴らの仲間かそれとも奴なのか、名前が明かされていない以上こう書くしかないのが忍ばれる。
ジョッシュが拷問されるシーンが上記の写真です。

この後、太ももに穴をあけられ、アキレス腱を切られ、そしておそらくは殺されたと思われる。
いや、というかもうほぼ確実だろう、パクストンが遺体と混じって奴らぼ隙を見る間にジョッシュの遺体らしきものが映っている。


一方のパクストンは友人の行方を知らないかと、例の2人の女性に聞き、とある場所に…
2人のうち1人はここにいるといったので、残る一人と運転手で行くとこになった。
そこには廃墟とも取れるしホームレスか何かの居場所かなと思うほど荒廃したところであった。

しかしそんな中、魔の手が押し寄せる…!



犯人らの動機は不明だが、おそらくは上記らの画像が動機に当てはまるのではなかろうかと思う。
日本人の女の子ユキとカナが不憫でならない。
ユキに至ってはオリーが画像を送ってきたあたりでおそらく死んでいる。
カナはバーナーか何かで顔を焼かれた後、目玉を…

というようなおぞましいシーンが多々あるものの、グロ耐性があるのなら最後まで見れるのではないかと思う。
お酒を飲んで観たというのもあり、素面の状態だとどうなるのかはわかりませんが…


この記事へのコメント