0コメント

チャージバックはなかったことに!?怒涛の株式会社ファーストペンギンとの電話

株式会社ファーストペンギンの方にチャージバックの確認の電話をしてみることになりました。

00_PP47_PP_TP_V.jpg
すると
消費「5万円のうちの6割返金のことについての相談なのですが」
ファペ『いえいえ、15万の分とで合わせて20万円ということになります。
20万円のうち4割を負担していただくことによって和解する。
という話は聞いています。』
ペンギンの方では20万円ということになっているのではないかということになり
結局
ファーストペンギンが噛んでいて、前回話した
ユニヴァPay Castという会社も絡んでいて
ユニヴァPay Castでは基本的に情報商材は悪徳商法であり悪徳業者も多いという情報をつかんでいて
チャージバックの手続きに踏んでくれるというのは前回にお話ししたのだけれども
実はこれがでっち上げなんだろうかという気がしてきた。

IMGL8664171031_TP_V.jpg

そこでビューカード(キュービタス)に電話をしてみると
「いえいえ、きちんとチャージバックの手続きは致しております。」
とのことでしたので、しっかりとチャージバックはしてくれることに。

じゃあ、ファーストペンギンの言っていた
「計20万円となっております。」
あの言葉は一体・・・
photo0000-3089.jpg

たぶん連携というか、チャージバックをしますのでとかいう通知はファーストペンギンの方には行き渡っていないのではないかと思われる。
WAVEの方に電話をかけてくださって
20万円のうち
15万円をチャージバックするということを伝えると
そんなの聞いてないといわんばかりに逆切れ
電話も切らしてくれないという状況になり無理やりにでも電話を切ることに

なんか逆にこちらの方を訴えるとか言い出してきてはちゃめちゃなこと言いだしてきてる

次回では残り5万円を全額払えということになりそうだな・・・

この記事へのコメント