0コメント

定位脳術を受けてみての感想

これから東京の病院(東京女子医大 附属病院)に1週間程の期間の間体験したことをここに書き綴って行こうかなと思う。
4d902be365013bd28b51073a7747bf11_w.jpg
 
さて、そんなわけで
今回の件では入院から術。
そして術後より3日後。
までを書こうと思う。


さて入院。
僕はかなり遠くから来たというわけであるので午後2時程までなら大丈夫だというように聞いていたもんだから、午後2時15分前に着くように出かけた。
まぁ結果的に午後2時20分になってから部屋に入ることに。

で、また2人部屋かい!?笑

そして、2日間ほど遊んだ(?)後いよいよ手術へ。


当日は飲まず食わずな状態で、午前6時から起きていたが、最近食が細いということもあり凌げた。

フレームを着ける時には、涙が出てきそうなほどに痛くなったがこれでも何とかなる痛さだった。

脳内BGMは
YATTA!
である。

そして術後
歩く時の姿勢とかも楽になったし右手の親指も楽になった。

ただ喋ることが極めて困難になってしまった。 
これは月日が経つにつれ楽になるというけれど、本当に楽になるのかなあ。



この記事へのコメント